【終了しました】 各回10名限定!大学プロゼミ~第10回は「私立大学の初年次教育改革〜明星大学の事例より〜」明星大学 菊地滋夫 教授


NEWVERYでは、「大学プロフェッショナルゼミ」と題した、各回10名限定の勉強会を開催しております。
大学業界に関わりの深いゲストをお呼びし、
大規模なセミナーでは話せない・聞けない裏側までじっくりお伺いします。
少人数ならではの、濃密な三時間を一緒に過ごしませんか。

 

対象

  • 更に成長したい大学教職員の方々
  • 今の大学業界に関心のある方
  • NEWVERYに関心のある方

第10回は1月30日(月)明星大学 菊地滋夫 教授
 「私立大学の初年次教育改革〜明星大学の事例より〜」


◆テーマ:
私立大学の初年次教育改革 〜明星大学の事例より〜
学生には、21世紀型人材として、学ぶ主体性を持ち学習意欲を深めることが求められています。「大学に入学してからの1年目が、学生のその後の学びの質を決定づけるものである」という調査結果も出ており、ますます初年次教育の重要性が高まっています。『毎日新聞』2016年6月3日「大学成績1年で決まる?卒業時と一致 東京理科大」
*以下のURLをご参照ください。
http://mainichi.jp/articles/20160603/k00/00m/040/141000c
一方で、初年次教育に課題を覚える大学が多くあります。
・大学での学びに学生がついてこられない
・多様な学生を対象とした授業の設計が難しい
・学生の学修状況が把握できない
・学生の出席率が伸びない
・初年次教育カリキュラムの作り方がわからない
・退学者が後を絶たない
といった声を頻繁にお聞きします。
今回の大学プロフェッショナルゼミは、大学教育改革において数々の注目を集める明星大学より、初年次教育において名実ともにご活躍中の菊地滋夫氏をお招きいたします。少人数の学部学科横断クラスを特徴とする、新入生約2,000人の必修科目「自立と経験1」の実践事例をもとに、初年次教育の進め方についてお話しいただきます。
・大学での生活の基礎を初年次教育で獲得してほしい
・将来に役立ち興味を持って学べる授業を提供したい
・初年次教育改革の必要さを感じる
・初年次教育をより効果的に活用したい
・組織的な支援体制づくりの方法を知りたい
そのような思いをお持ちの大学様、教職員の皆様と共に、ぜひ初年次教育の可能性を考えていければと願っております。
これからの日本の高等教育の礎を、一緒に築いていきませんか?
◆講師
明星大学 明星教育センター長 菊地滋夫 教授
◆講師プロフィール:
岩手県出身。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得満期退学後、
財団法人民族学振興会研究員を経て、明星大学専任講師、同助教授、同教授。
専門は、東アフリカ海岸地方の宗教・権力・ジェンダーの社会人類学的研究。
博士(社会人類学)。現在は明星大学明星教育センター長、同学長補佐。


◆概要:

日時 2017年1月30日(月)19:00~22:00
19:00~20:30 勉強会
20:30~22:00 懇親会
※懇親会では、飲物(ソフトドリンク、アルコール飲料)、軽食をご用意いたします。
場所 NPO法人NEWVERY
(JR五反田駅より徒歩8分)
参加費 7,000円(勉強会5,000円、懇親会2,000円)
※当日現金でご用意ください
主催 NPO法人NEWVERY
大学プロフェッショナルセンター

 申し込みフォーム

 お問い合わせ

下記ボタンより、御問合せください。
お問い合わせ

関連記事

運営団体

カテゴリー

Simple Calendar

2017 9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

NPO法人NEWVERY公式ツイッター

ページ上部へ戻る