【終了しました】 <セミナー報告>平成28年私立大学マネジメントセミナー ~これからの広報・教育(中退)・大学改革を考える~

十月二十日(木)大阪・梅田、二十一日(金)東京・品川にて、大学・専門学校のマネジメント層を対象とした『平成28年私立大学マネジメントセミナー ~これからの広報・教育(中退)・大学改革を考える~』を開催し、全国から20名近くの参加者が集まりました。
セミナーでは、これまでNEWVERYが取り組んできた具体的な募集改善・中退予防・教育改革支援の内容と、それらを実現する大学改革推進の実践知を紹介しました。
第一部は理事長の山本繁が「教育政策のメガトレンド」と題して登壇。政府は、地方創生や18歳人口の減少等メガトレンドを踏まえて中退や高大接続といった政策の立案・誘導を推進しており、その基本を抑えたうえで、各校独自の勝ちパターンを構築していく必要があると述べました。
第二部では、伊藤俊徳・高等教育事業部ディレクターが「成果につながる中退予防~属人的対応から組織的対応へ」というテーマのもと、中退予防は昨今どの大学でも取り組んでいるが、そのレベルは様々で、「学生視点で組織的に施策を実施している」状態を目指すべきであると述べました。
第三部では、倉部史記・高大接続事業部ディレクターが「自校の入試広報計画を総点検~自校に合った戦略的入試広報の実現に向けて~」というテーマで登壇。志願者数の拡大だけではなく、「自学の教育スタイルに適合する学生をどう確保するか」という視点も重要であり、入試広報のゴールを再定義すべきと述べました。教学データを広報に活用する、普段の授業を公開するなど、具体的な入試広報改革の事例も紹介しました。
参加者からは、「オープンキャンパスの質を変える必要性を痛感した。高校生に自主的な学びを意識させることも重要だが、これは大学生にも当てはまることだと強く思った」「次世代の若者の未来を考えた大学運営とは何か、をスタンスとしたセミナーとして刺激を受けた」といった感想が聞かれました。


概要

【第1部】教育政策のメガトレンド 13:00-13:15
講師:山本繁

NEWVERYの実績:
・文部科学省高等教育局専門調査員、中央教育審議会高大接続特別部会 臨時委員、大学教育再生加速プログラム委員
【第2部】中退予防 13:15-14:15
「成果につながる中退予防」~属人的対応から組織的対応へ~
講師:伊藤俊徳

NEWVERYの実績:
・2009年から「日本中退予防研究所」を運営。
・IRを活用し、中退予備軍となる学生を予測し、事前に対策を講じる事で、中退予防を推進。
【第3部】募集改善 14:30-15:45
「自校の入試広報計画を総点検」~自校に合った戦略的入試広報の実現に向けて~
講師:倉部史記

NEWVERYの実績:
・2013年からWEEKDAY CAMPUS VISITを本格展開(延べ10,000人以上の高校生が参加)。
・IRにより自校の教育への適応度の高い学生を見極め、適切なメッセージを発信する事で、伸びやすく・辞めにくい学生を確保。
【第4部】教育改革・大学改革 15:45-16:30
「教育改革・大学改革の実現に向けて」
~NEWVERY流オープン・イノベーション型支援とは?~
講師:伊藤俊徳

NEWVERYの実績:
・2014年から「大学教職員研修センター」の運営を開始し、翌年「大学プロフェッショナルセンター」に改称。これまで20以上の大学・専門学校グループに対して、経営改革・教育改革の支援を実施。
・近年では、教育改革・大学改革の実現に向けて、高校・地域・企業・行政等の大学を取り巻く各関連者と連携も含めて、包括的な支援を実施(高等教育機関のオープン・イノベーションを促進)。
【第5部】質疑応答 16:45-17:00


講師プロフィール

山本 繁(Shigeru Yamamoto)
NPO法人NEWVERY理事長
1978年東京生まれ。慶應義塾大学卒業の翌日にNPO法人NEWVERYの前身となる団体を設立。
2006年 NEC社会起業塾メンバーに選出
2009年 週刊ダイヤモンド「日本の社会起業家30選」に選出
2011年 週刊AERA「日本を立て直す100人」に選出
2012年 文部科学省「高等教育政策室」専門調査員に着任
2012年 中央教育審議会「高大接続特別部会」臨時委員に選出
2014年 「大学教育再生加速プログラム(AP)」プログラム委員に選出
2014年 広島県教育委員会「広島県の教育を考える懇談会」委員に選出
伊藤 俊徳(Toshinori Ito)
理事、高等教育事業部ディレクター
慶應義塾大学経済学部卒業。中央大学国際会計研究科修了(MBA in Finance)。経営コンサルタントとして、これまで企業を中心に50以上の組織の戦略立案・実行推進を支援。2011年にNEWVERYフェロー(全体戦略担当)就任し、NEWVERYにおける高等教育関連の新規事業・サービスの企画に関与してきたが、日本の教育イノベーションの実現に注力するため2015年にNEWVERY理事、高等教育事業部ディレクターに就任。
最近では、大学改革の実現に向け、学生の実態への深い理解をベースにした学内での様々な取り組みへの総合的な支援に加え、大学を取り巻く関連者(高校・行政・企業・地域、等)を巻き込んだ改革を牽引(高等教育機関のオープン・イノベーションを促進)。
倉部 史紀(Shiki Kurabe)
理事、高大接続事業部ディレクター
企業広報のプロデュースを手がけた後、私立大学専任職員、予備校の総合研究所主任研究員および大学連携プロデューサー、フリーランスなど様々な立場で高等教育に関わる。進路選びではなく進路づくり、入試広報ではなく高大接続が重要という観点から様々な団体やメディアと連携し、企画・情報発信を行ってきた。全国の高校や進路指導協議会で、進路指導に関する研修講師を数多く務めるほか、大学でのFD、SD研修実績も多い。2013年よりNEWVERYのフェローとして「WEEKDAY CAMPUS VISIT」ディレクターを務め、2016年2月より現職。
文部科学省「大学教育再生加速プログラム(入試改革・高大接続)」ペーパーレフェリー、三重県立看護大学・高大接続事業外部監査委員など、文教政策にも関わる。兼任として、追手門学院大学アサーティブ研究センター客員研究員、主体的学び研究所フェロー。 著書に『看板学部と看板倒れ学部 大学教育は玉石混合』(中公新書ラクレ)、『文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」』(主婦の友新書)など。

大阪会場
日時 10月20日(木)13:00~17:00 (12:30受付開始)
定員 20名
会場 TKP大阪梅田駅前ビジネスセンター
カンファレンスルーム5B アクセス
-各線梅田駅 徒歩3分
申込み リンク先よりお申し込みください。こちら
東京会場
日時 10月21日(金)13:00~17:00 (12:30受付開始)
定員 20名
会場 AP品川アネックス アクセス ルームD
-JR各線、京急本線 品川駅より徒歩3分
申込み リンク先よりお申し込みください。こちら
参加費 5,000円

関連記事

運営団体

カテゴリー

Simple Calendar

2017 9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

NPO法人NEWVERY公式ツイッター

ページ上部へ戻る